電気自動車(EV)の充電設備、普通充電と急速充電の違いは?

電気自動車(EV)の充電設備は大きく分けて「普通充電設備」と「急速充電設備」の2つがあります。「普通充電設備」と「急速充電設備」の違いについて、くわしくご紹介します。

電気自動車(EV)の充電設備の種類

電気自動車(EV)の「普通充電設備」と「急速充電設備」それぞれの特徴をみていきましょう。

普通充電設備とは

普通充電器は、コンセント型とポール型の2種類のタイプがあり、電源は単相AC200Vまたは100Vが使われます。100V(1.6kW出力)は1時間で10km程度走行可能な充電が可能です。200V(3.2kW出力)は30分で10km程度走行可能な充電が可能です。
※「エネチェンジEV充電サービス」でエネチェンジが提供するEV充電器では、200V(6.0kW出力)は30分で20km程度走行可能な倍速充電が可能です。。

普通充電設備が設置される場所は、戸建住宅・マンション・ビル・屋外駐車場・カーディーラー・コンビニ・スーパー・病院・商業施設・レジャー施設・宿泊施設などがあります。

普通充電設備は自宅での充電のほか、外出先で用事を足している間の充電などに利用されます。

急速充電設備とは

電気自動車の急速充電設備は、電源に3相200Vを使用し、出力は50kWのものが一般的です。設置には高圧契約が必要となる場合が多いです。

5分間で40km程度走行可能な充電が可能です。

急速充電設備が設置される場所は、ガソリンスタンド・高速道路SA/PA・カーディーラー・商業施設・道の駅などがあります。

急速充電設備はバッテリー残量がほとんど無いといった緊急時や、仕事などで頻繁に車両を利用する場合などに利用されます。

普通充電設備と急速充電設備、充電時間の違いは?

普通充電設備よりも短時間で充電できますが、充電時間の差はどのくらいあるのでしょうか?航続距離(1回の満充電で走れる距離)が160kmの場合と80kmの場合を例に比較します。

航続距離160kmの場合
・普通充電設備(コンセント100V)約14時間
・普通充電設備(コンセント200V)約7時間
・急速充電設備 約30分

航続距離80kmの場合
・普通充電設備(コンセント100V)約8時間
・普通充電設備(コンセント200V)約4時間
・急速充電設備 約15分

急速充電設備と普通充電設備の充電時間は大きく異なります。急速充電設備は主に緊急時の充電に利用され、普通充電設備は外出した目的地での充電に利用される場合が多いため、充電場所や充電シーンに合わせた設置が必要となります。

普通充電設備と急速充電設備、本体価格の違いは?

急速充電設備・普通充電設備を導入する際、費用はどのくらいかかるのでしょうか?普通充電設備・急速充電設備の本体価格は以下のようになります。

充電設備本体価格例(工事費は含まない)
・普通充電設備(コンセント100V)数千円
・普通充電設備(コンセント200V)数十万円
・急速充電設備 数百万円以上

普通充電設備は数千円〜数十万円と比較的安価で、数百万円以上する急速充電設備と比べて導入費用を安く抑えることができます。

普通充電設備と急速充電設備のメリット・デメリット

普通充電設備と急速充電設備のメリット・デメリットをみていきましょう。

普通充電設備のメリットは、設置費用が急速充電設備よりも抑えることができ、設置場所の確保がしやすい点。デメリットとしては充電時間が急速充電器と比べると長い点があげられますが、それをメリットとして捉え、滞在時間が増えることによる購買額増加などが期待できます。

急速充電設備のメリットは、短時間で充電できる点。いっぽうデメリットは、設置費用が高額な点、広い設置場所が必要な点などがあげられます。

まとめ

電気自動車(EV)の充電設備についてご紹介しました。

電気自動車の急速充電は短時間で充電ができるため、外出先での緊急時の充電に適しています。普通充電は充電に時間がかかるため、長時間駐車する場所での充電に適しています。

「普通充電」と「急速充電」はどちらが優れているということはなく、充電シーンに合わせて使い分けていくことが大切です。

補助金のことや設置にいついての不明点など

お気軽にお問い合わせください

料金プランやサービス詳細について
お気軽にお問い合わせください

担当者がご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9時〜19時 TEL: 050-1751-0484