EVとは?電動車(EV)の種類・特徴を紹介

EVとは、Electric Vehicleの略称で、電動車のことをいいます。EV(電動車)の種類や特徴について、くわしくご紹介します。

EV(電動車)の種類と特徴

電動車(EV)には、電気自動車(BEV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)、ハイブリッド自動車(HEV・HV)、燃料電池自動車(FCEV・FCV)などの種類があります。

電気自動車(BEV)

電気自動車(BEV)は、電気のみをエネルギー源として走る車です。BEVとは、Battery Electric Vehicleの略称です。

外部電源から車載のバッテリーに電気を充電し、電気で動くモーターの力で走行します。エネルギー補給は自宅の充電器や専用の充電ステーションにて行います。

代表的な車種は、日産「リーフ」、三菱「i-MiEV」などがあります。

ハイブリッド自動車(HEV・HV)

ハイブリッド自動車(HEV・HV)は、ガソリンと電気をエネルギー源として走る車です。HEV・HVとは、Hybrid Electric Vehicleの略称です。

ガソリンエンジンと電動モーターの2つの動力を搭載しており、ガソリンと電気の2つの動力を効率的に使って走行します。

エネルギー補給場所はガソリンスタンドとなります。車載のガソリンタンクにガソリンを入れ、ガソリンエンジンで走る時に電動モーターのバッテリーが充電される仕組みです。

代表的な車種は、ホンダ「フリード」、日産「ノート」、トヨタ「プリウス」などがあります。

プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)

プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)は、ハイブリッド自動車に充電機能が加わった車です。PHEVはPlug-in Hybrid Electric Vehicleの略称で、PHVはPlug-in Hybrid Vehicleの略称です。

ハイブリッド自動車はガソリンエンジンで走っている間しか充電できませんが、ハイブリッド自動車は外部電源から自由に充電が可能です。エネルギー補給場所は充電ステーションとガソリンスタンド。車載のバッテリーに外部電源から電気を充電し、車載のガソリンタンクへガソリンを入れ、ガソリン・電気のふたつのエネルギーを効率的に使って走行します。

代表的な車種は、トヨタ「プリウスPHV」、三菱「アウトランダーPHEV」、レクサス「NX450h+」などがあります。

燃料電池自動車(FCEV・FCV)

燃料電池自動車(FCEV・FCV)は、水素をエネルギー源として走る車です。FCEV・FCVとは、Fuel Cell Electric Vehicleの略称です。

水素と酸素の化学反応によって電気を発生させる燃料電池を搭載しています。エネルギー補給場所は専用の水素ステーション。車載の水素タンクに水素ガスを充填し、燃料電池内で水素と酸素の化学反応によって発電した電気でモーターを動かして走行します。

代表的な車種は、トヨタ「MIRAI」などがあります。

EV(電動車)のメリットは?

EV(電動車)にはどのようなメリットがあるのでしょうか?みていきましょう。

二酸化炭素(CO2)排出量が少なく、環境に優しい

ガソリン自動車はガソリンをエンジンで燃焼させて走りますが、EV(電動車)は電気でモーターを動かして走ります。EV(電動車)は走行時の二酸化炭素(CO2)排出量が少ないため、環境への配慮ができます。

加速がスムーズで音も静か

EV(電動車)は加速がスムーズです。電動モーターは加速時にガソリン自動車のような変速の必要がないため、発進直後から力強く加速できます。EV(電動車)の主な動力源となる電気モーターは、ガソリンエンジンよりも音が静かで振動が少ないため、快適な乗り心地を味わえます。

非常時の電源として使える

多くのEV(電動車)は車載のバッテリーから電気を取り出すことができる外部給電機能を備えているため、災害などの非常時に車から家電などに給電ができます。

各種の補助金・減税が適用される

EV(電動車)を購入すると、国や自治体などから補助金や減税を受けることができます。適用される補助金・減税には種類があり、車種や自治体によって条件・内容が異なります。

EV(電動車)のデメリットは?

メリットだけではなく、デメリットも知っておきましょう。

充電に時間がかかる

EV(電動車)のうち、エネルギー補給として外部電源から電気を供給するタイプの車は、充電に数十分から数時間程度の時間がかかります。これまでのガソリン自動車とは異なり、夜間に家で充電をして、外出時は充電ステーションで足りない分を継ぎ足し充電するという、スマートフォンと同じような充電のしかたになります。

外出時に充電のために時間を取られたくない場合は、目的地までの経路途中に充電が足りなくなったら急速充電設備を利用し、目的地で充電が足りなくなったら普通充電設備で充電をしている間に用事を済ませるといった工夫をしていきましょう。

車体価格が高い

EV(電動車)の販売価格は、ガソリン自動車と比較すると高い傾向にあります。EV(電動車)の購入で適用される補助金や減税をじょうずに活用しましょう。

充電スポットがまだ少ない

EV(電動車)の充電スポットはまだ少ないのが現状です。日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げており、充電インフラを2030年までに15万基、水素充電インフラを1,000程度整備するとしています。今後、EV(電動車)普及とあわせて、充電スポット数も増えていくことが予想されます。

まとめ

今後はこれまでのガソリン車に変わり、BEV(電気自動車)を含めた電動車が主流となっていきます。

電動車(EV)の種類や特徴についてご紹介しました。日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車(EV)の比率を100%とする目標を掲げています。今後はこれまでのガソリン車に変わり、電動車(EV)が主流となっていきます。

エネチェンジでは、電気自動車の充電設備を導入したい商業施設や宿泊施設・駐車スペースのオーナーの方向けに、充電器の設置から運営、集客、カスタマーサポートまでのすべてをひとつのパッケージプランとした「エネチェンジ EV 充電サービス」を提供しています。導入をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

補助金のことや設置にいついての不明点など

お気軽にお問い合わせください

料金プランやサービス詳細について
お気軽にお問い合わせください

担当者がご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9時〜19時 TEL: 050-1751-0484