BEVとは?電気自動車(BEV)の特徴

BEV(Battery Electric Vehicle)とは、電動車(EV)の種類のひとつで、100%電気で走る電気自動車のことをいいます。

BEVの仕組みや特徴について、くわしく解説します。

BEVとは?

BEVとは、Battery Electric Vehicleの略称で、電気のみをエネルギー源として走る電気自動車のことをさします。

BEVは、電動車(EV)の種類のひとつです。電動車(EV)の種類には、電気自動車(BEV)、ハイブリッド自動車(HEV・HV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV・PHV)、燃料電池自動車(FCEV・FCV)があります。

BEVのしくみ・特徴

BEV(電気自動車)は、外部電源から車載のバッテリーに電気を充電し、電気で動くモーターの力で走行します。ガソリン自動車はガソリンスタンドでエネルギー補給をしますが、BEV(電気自動車)は自宅の充電器や、専用の充電ステーションでエネルギー補給をします。

BEV(電気自動車)はガソリンを使用せず電気で走るため、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しないことが大きな特徴です。

まとめ

BEV(電気自動車)についてご紹介しました。日本政府は、2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げています。今後はこれまでのガソリン車に変わり、BEV(電気自動車)を含めた電動車が主流となっていきます。

エネチェンジでは、電気自動車の充電設備を導入したい商業施設や宿泊施設・駐車スペースのオーナーの方向けに、充電器の設置から運営、集客、カスタマーサポートまでのすべてをひとつのパッケージプランとした「エネチェンジ EV 充電サービス」を提供しています。導入をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

補助金のことや設置にいついての不明点など

お気軽にお問い合わせください

料金プランやサービス詳細について
お気軽にお問い合わせください

担当者がご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。

受付時間:平日9時〜19時 TEL: 050-1751-0484